news
「絵になる景色 ― 高橋信行 展 ―」 を開催します(24/4/12~6/10)

ベイスギャラリーは大西量明が代表となりました。
8年ぶりの企画展として、高橋信行の個展「絵になる景色」を開催いたします。
ご高覧いただきますようご案内申し上げます。

___________________

高橋信行の作品には茫洋とした、軽やかな印象が伴っています。

それは彼が瞬時に受けたその風景の持つ素性に沿った結果であり、

出来上がった絵画は膨大な時間を経て変容しながらも、 

その風景の印象をもたらす起源を明らかにしています。

高橋は「絵になる景色」を描く。

絵になる、それは絵画を見る私たちの内で風景が涵養され、

新しい心象が生まれるプロセスを表した言葉に思えます。

本展は8年ぶりに開廊する最初の展覧会です。

展示作品は従来の自然の風景に加えて、画廊周辺―日本橋茅場町や兜町―の風景も題材に選ばれています。

都寿司を曲がったところ
(2024年 130.3×97cm   アクリル・キャンバス)

日本橋兜町

(2024年 130.3×97cm   アクリル・キャンバス)

___________________

【高橋信行 作家略歴】

神奈川県生まれ、愛知県立芸術大学美術学部油画科卒業。

風景を題材にした、軽やかで茫洋と見える作風を通じて

その風景がもたらす印象と記憶のあり方を問う作品を制作。

近年ではサンフランシスコにて個展を開催。逗子市在住。

詳細な経歴はこちらをご参照ください。

【展覧会情報】

開催期間: 2024年4月12日~2024年6月10日

※初日4/12は18時頃より簡単なレセプションを開催予定です。

開館時間:12:00~18:00(休廊:月・祝日)

会場: ベイスギャラリー(東京都中央区日本橋茅場町1-1-6 小浦第一ビル1F)

入場: 無料

一覧へ戻る